無料
エロ
動画
3,年下の少女にいじめられて・・・
 金曜日の指導日が来たので、また、由紀の家に、亜美は訪れた。
 すると、今日は、由紀の部屋を通り過ぎ、隣の部屋に案内された。
 そこには、女の子2人と男の子1人が来ていた。同級生の沙希と美香そして康太だった。(少し来るの早かったかしら)と亜美は思った。
 その部屋には、大きなスクリーンの画面のテレビやオーディオ機器・ピアノもあった。この部屋は、防音設備が整っており、相当、大きな音を立てても、外からは、聞こえない部屋だった。
 「ちょっと来るの早かった?もう少し後からにしようかしら?」と亜美が言うと
 「先生、待っていました。先生に見てもらって、感想を聞きたいのがあって、ちょっとよろしいですか。」と由紀が言った。
 「いいわよ」と亜美が言うと、康太に由紀が指示を出した。すると、康太がパソコンを操作し始め、スクリーンには、亜美の裸の画像が映し出されはじめた。
(なにこれ、どうして)と亜美は目を疑った。
 「ちょっと待って、止めて止めて、これどういうこと、見ないで、いやー」と康太の方に駆け寄ろうとしたその時、亜美の横腹に由紀の蹴りが入った。実は、由紀は、小さいころより空手を習っており、同級生くらいなら、男子でも1対1では、かなわないほどの実力なのだ。亜美はうずくまってしまった。亜美は、この状況に対応しきれず、パニックになっていた。これまで、優しい両親で、親に殴られたこともなく、友達にも、いじめられたこともない亜美は、どうしていいのか判らなくなった。
 「亜美先生、これ、まだ、私達しか見てないけど、DVDにも焼いたし、写真もこんなに印刷しちゃった、言うこと聞かないと、先生のアパートの周りや実家の周り、大学の寮とか配っちゃいますよー、ホームページも公開すれば良いだけにしてあるわ、康太の作っているホームページ、1日1000くらいアクセスあるからね、すぐたくさんの人に見てもらえるよ。」と由紀がおどした。
「こんなことして、警察に訴えます。」亜美が、正気を取り戻し、対抗してみた。
「いいの、そんなことしたら、証拠検証で、警察の人たちにも、これ見られちゃいますよー、それに、家のパパの会社、お金にものいわせ、優秀な弁護しついているから、勝てないんじゃないかなー、あの人、いろいろ、でっちあげても、なんとしても勝つからねー、あと、私を訴えでもしたら、あなたのお父さん、すぐ会社クビね。最悪、もし、有罪になっても、私、未成年だし、たいした罪にならないわよー。」
亜美は、高校の同級生で、警察に勤めている人が、居る事を思い出した。
(彼にも、見られでもしたら、どうしよう、警察には言えない。それに、お父さんも、今、クビになっては、住宅ローンもあるし、お母さんも、病弱で、時々入院するし、まずい、どうしよう)まったく対抗策が、見つからず。とまどっていると、
「どう、言う事、聞く気になった。」と由紀が言った。
 「なにをすればいいの」とりあえず、対抗策が、見つからない亜美は、聞いてみた。
「ただ、言う事聞いて、わたしのおもちゃというか、ペットになってくれればいいのよ、私が飽きたら、DVDも写真もデータごと返して、開放してあげる。それまでの辛抱よ。」
 と由紀が言った。
「・・・」亜美は、すぐには、返事ができないでいた。
「とりあえず、ペットなんだから、服を着てるのもおかしいので、服、全部脱いでもらおうかしら」と由紀が言った。
(そんなこと言われても、女の子だけならまだしも、男の子もいるのに、それに、年下の女の子に命令されて、言う事聞くなんて、そんな屈辱、耐えられない。)と亜美は、そんなことを思っていると、
「早くしなさいよー」と言いながら、また、由紀の蹴りが、飛んできた。
亜美は、しぶしぶ、服を脱ぎ始めた。でも、途中で、手が止まったりしていた。
「遅いわねー、康太、ホームページアップしちゃって、アップしたら、ホームページアドレス携帯に送って」と由紀が言うと、康太がパソコンを操作した。しばらくすると、由紀の携帯がなった。そして、由紀が、送られてきたアドレスに、アクセスすると、『現役、国立女子大生羞恥のブログ』というサイトが立ち上がってきた。
「ほら」と由紀が、携帯を見せると、そこには、顔にモザイクはかかっているが、紛れもなく自分の裸が公開されていた。
(たとえ、顔が隠れていたとしても、見る人が見れば、私とわかるかも)と思うと、生きた心地がしないといった感じだった。
「やめて、そんなの消して」と懇願した。
「消して欲しかったら、言う事を聞きな、早くしないと、アクセス数上がってきているよ、それに、顔のモザイク取っちゃうよー」とさらに脅した。
「分かったわ」と言って、亜美は、ブラウスのボタンを取り始めた。
「分かったわ、じゃなく、分かりましたでしょ」と由紀がいいながら、また、蹴りを入れた。すると、
「分かりました」と亜美は言い直しながら、ボタンをはずし続けた。
「今度、ため口きいたら、おしおき、いいわね」と由紀が言った。
「はい」と亜美がいった。手が震えて、うまく、ボタンが外れなかったが、ブラウスのボタンが外れてきた為、ブラウスの隙間から、白のブラが見えてきた。すると、一気にブラウスを脱ぎ、上半身ブラだけとなった、そして、タイトスカートのホックをはずし、ファスナーを引いて、スカートを足から抜き去った。ここまでは、急がなきゃと言う思いもあり、勢いで、脱いだが、手が止まった。
「もう、動画も写真も、みんなで見てるんだから、いまさら、ためらってないで、早くしなよ」と由紀がせかした。
亜美は、あきらめて、ブラのホックをはずし、肩紐から、手お抜くと、おっぱいがチラッと見えた。その後、手で隠しながら、ブラを取り去った。その後、横向きになると、パンティに手をかけた。片手なので、なかなか脱げないが、徐々に、生のお尻のラインが見えてきた。前のほうの毛も横から少し見えている。そしてやっとのことで、足から、パンティを脱ぎ去った。由紀はそれを確認すると、脱いだ服を、ビニール袋に詰め、窓から、投げてしまった。「あっ」と亜美が言ったときには遅かった。窓は、分厚く、二重になっているので、開けるまで、少し間があったが、両手で体を隠していて、ふさがっていたので、止める事ができなかった。
「いらないから、捨てちゃった」と由紀は、あっさりと言った。
「そんなー」と亜美は、外を眺めた。幸い、庭に落ちていたが、後で、取りにいくにしても、隣の2階とかなら、見えてしまう場所だ。
「ほら、何立っているの、ペットは、4つ足でしょ。」と言って、由紀は、亜美の頭を押さえつけた、由紀は、亜美とそんなに、身長が、変わらないので、すぐ押さえつけられ、ひざの裏も蹴られた為、すぐひざまずく姿勢になった。片手で、胸を隠していたが、
「早く両手つきな」とまた、由紀が蹴りを、今度は、お尻に入れた。
亜美が、恥ずかしがりながら、手をどけると、ぶらんとおっぱいが垂れた。
「名前は、豚のブーちゃんでいいかなー」と沙希と美香の方を見て聞いてみた。
「ブーちゃん、笑えるー、あっているんじゃない」と沙希が言って、二人も近づいて来た。
亜美は、けして、太っているわけではない、むしろスタイルはいいほうだが、惨めさを増す為、その名前に由紀はしてみた。
「ねー、ブーちゃん」と亜美に沙希が、話しかけた。亜美が黙っていると、
「無視すんじゃねーよ、“ブー”だろ」とお尻をパシッと、沙希がたたいた。
「あ、そういえば、尻尾がないじゃない」と由紀が言った。そこら辺を見渡すと、指揮棒を手に取った。
「これ入れちゃおー、お尻の穴は、汚いから、オマンコにしようかなー」と由紀が言っていると、亜美は、必死に、首を横に振って、
「そんなのやめてください」と懇願した。
「もしかして処女」と由紀が聞くと、
亜美は、首を縦に振った。
「そーねー、私たちもそこまで、鬼でないからねー、処女膜これくらいじゃ、破れないかもだけど、お尻にしといてあげるよ」と由紀が言った。
「・・・」『じゃあお尻で、お願いします。』とも言えず、亜美は、黙っていた。
亜美は、昨日も、お尻の穴の中まで、きれいに、シャワーで洗ったけど、今も中まで、きれいかは、自信がなかった。
「処女膜見よーよ。」美香が言った。
「そねー、じゃ、オマンコ自分で広げて見せなさいよー」と由紀が言った。
「恥ずかしくて、そんなできません、許してください。」と亜美が言うと、
「言うこと聞かないと、ホームページに、顔入りの裸、アップしちゃうよ。それに、さっき、あなたの携帯、バックから見つけたので、入っているアドレス、コピーしといたから、こっちに、一括配信した方が、効果あるかしら」と由紀が言うと、
「絶対だめです、それだけはやめてください。なんでもしますから」と亜美は、青ざめた様子だった。それもそのはず、家族から、彼氏、仲の良い友人、同級生、他の家庭教師先の生徒まで、ありとあらゆる人のアドレスが入っていた。(そんなところに、送られたら、一巻の終わり、生きていけない)と亜美は思った。もう、プライバシーの侵害とか、言い返している、心の余裕も亜美は、無くなっていた。
「じゃ、早くしな」由紀が言うと、
亜美は、恥ずかしそうに、オマンコに手を添えた、なので、顔で、体を支える姿勢になった。
「あー、ほんとだー、あるある、みんなも見てみなー」と由紀が言うと、代わる代わる、みんなで覗いた。
「そんなに見ないでください。」と亜美は恥ずかしそうにしていた。
「じゃ、康太、証拠画像、撮っておいてー、」と由紀が言うと、
「そんなの撮らないでください」と亜美が言った。
「うるさい、康太、早く」と由紀が言うと、すかさず、康太が、デジタルビデオカメラで、写真と映像を録画した。
「これじゃ、いまいち、顔とオマンコ一緒に、入らないねー、ひっくり返しちゃおー、みんな、手伝って」と由紀が言うと、亜美を仰向けに転がし、
「沙希は右足、美香は左足つかんで、ひっくり返してー」と由紀が言うと、いわゆる、まんぐり返しの姿勢に亜美は、させられてしまった。
「あ、こんなかっこう、やめてください」と亜美が言うが、聞き入れてもらえず、シャッターの音が鳴り、録画の赤いランプが付いた。
「みじめー、二十歳過ぎの大人の女性が、する姿勢ではないわねー」と沙希が、惨めさを増すため言ってみた。
すると、亜美は、泣きそうな顔になった。
「これで、顔も、マンコも、お尻の穴も、よく見えるでしょ、そうそう、お尻の穴も汚れてないか、見ないとねー、お尻の穴、自分で、広げな」と由紀が言った。
「汚いかもしれないので、そんなところ見ないでください。」と亜美は懇願した。21歳の女性としては、おマンコを見られるのも恥ずかしいが、お尻の穴を見られるのは、もっと、恥ずかしいと、亜美は、感じてそう言った。
「いいから早く、言う事聞かないと、いいの」と由紀が言うと、
亜美は、急いで、お尻の穴を、自分で広げた。
「うわ、臭ー、汚なー」とわざと由紀は、そんな風にいって、いじめてみた。実際は、そんなに、臭くも、汚くもなかった。
「こりゃー、洗わないとだめねー、シャワー室へ行って」と由紀が言い、四つん這いの姿勢に亜美を戻して、
「ほら進めー」と由紀が言いながら、お尻をパシッと叩いて、ドアの方へ、向かい、ドアを開けた。
「お手伝いさんに、こんなかっこ見られるかもしれないので、出られません」と亜美が言うと、
「大丈夫よ、あの人、どうせ、お手伝いは、表の顔で、本当は、パパの奴隷だし、呼んできて、あんたも、裸になんなと言えば、喜んでなるから」と由紀が言った。
この言葉で、かすかな希望も、打ち砕かれた、というのは、お父さんやお手伝いさんに相談すれば、もしかして、助けてもらえるかもと、少し期待していたからだ。(その親にして、この子かー)と亜美は、妙に納得してしまった。
亜美は、あきらめて、四つん這いのまま、シャワー室に向かった。
「康太―、お前洗ってやんなー」と由紀が言うと、
「そんなことさせないでください、汚いですし、自分でやります。」と亜美が言った。
「うるさい、早く康太」と由紀がせかした。
自分でやるより、人にやらせた方が、恥ずかしいし、感じるかもと、由紀は、思ってそうさせた。
「じゃ、ほら、これでいいだろ」と由紀が、指サックを手渡した。
すると、康太は、おとなしく、指サックをはめ、亜美のお尻の穴を洗い始めた。
中学生の男の子に、お尻やおマンコを見られながら、お尻の穴を洗われ、ときどき、おマンコあたりも触られると、否が応でも、亜美は、感じてきてしまった。
「あっ、んっ」と声が漏れ始めた。
亜美は、セックスもまだ、オナニーもあまりしたことがなかったが、刺激を受ければ、やはり、感じてしまうのだった。
「お礼に、康太のおちんちん、舐めてあげな」と由紀が言うと、
「そんなこと、できません、許してください」と亜美が言うが、
「何かしてもらったら、お礼をするのは当然でしょ、早くしないと、送信ボタン押しちゃうよ」と脅すと、亜美は、ためらいながら、口を近づけた。今まで、そんなことをしたことが無い、亜美は、舌を出し、チョンと康太のおちんちんを舐めた、先程から、すでに、康太のは、ビンビンになっていたので、その刺激で、康太は、限界になってしまった。更に、亜美が舐めると、ドバッと精子が出てきた。
「なめて、きれいにしてあげなー」と由紀が言うと、気持ち悪くなりながらも、亜美は、更に、舐め続けた。そうしていると、
「じゃ、シッポ、付けちゃいまーす」と由紀が言うと、指揮棒を、尻尾に見立て、お尻の穴に差し込んだ。
「やっ」と亜美がつぶやいた。
「ついでに、鼻と耳も画用紙で作ってやったよ。それから、豚が、メガネ掛けているのは、変だから取るねー」と由紀は言うと、メガネを取ってしまった。
普段、亜美は、黒縁メガネを掛けていたため、まじめな、おとなしめの雰囲気になっていたが、メガネを取ると、ちょっと幼い感じだが、かなり、かわいい顔立ちが現れた。これで、明るく積極的なら、人気が確実に、上がるはずの感じだ。その顔に、豚鼻と豚耳を付けた。
「ちょー笑える、豚さんのできあがりー、ブーブーって言ってみなよー」と沙希がはやしたてた。
「メガネ、返してください、それがないと、ほとんど見えないんです」と亜美が言った。実は亜美の視力は、0.1くらいで、視力検査は、裸眼で、一番大きいのが見えるか見えないか、ぐらいだった。
「じゃ、後で、宝探し(メガネの事)でもしようかなー、見つけたら、返してあげるってやつ、とりあえず、お散歩よ」と由紀が言って、お尻を叩いた。由紀が示した方向は、1階の方だった。そのまま、更に、由紀が誘導すると、そっちは、玄関の方だった。
「え、もしかして、このまま、外に出るんですか?」と亜美が聞くと、
「そうよ、何か文句ある?家の中じゃ散歩にならないでしょ」と由紀が言い返した。
「ひどい、他の人に見つかったら、どうするんですかー」と亜美が言うと、
「大丈夫、ここらへん、わりと田舎だから、もう、夜10時過ぎているから、みんな寝てるよ、見つかったら、走って逃げればいいじゃん」と確証の無い答えが、由紀から返ってきた。
「だめ、だめ、だめです。まずいです」と亜美が動揺して、震えていると、由紀は、そんな姿を見て、うっすら、満足そうに、笑みを浮かべた。
「うるさい、行くって言ったら、行くの」とまた、亜美のお尻を、由紀が叩いた。そうしているうちに、美香が、「はい、しゅっぱーつ」と言って、玄関のドアを開けてしまった。とっさに、亜美は、隠れようとしたが、みんなに、押さえつけられてしまった。
「お情けで、このローラ−スケート用の膝当て貸してあげるよ、感謝しな」と由紀が、膝当てを手渡した。
亜美は、膝当ては、なんとか、付けたものの、どうしても、進むことができないでいた。
「言う事、聞かないから罰よ、康太、この人に、この画像送ちゃって」とパソコンのリストと画像を、指差して由紀が言うと、すかさず、
「待って、行きます、行きますから、やめてください」亜美が懇願した。
「康太、送っちゃった?」と由紀が聞くと、
「まだ」と言う返事が、康太から帰ってくると、(ほっと、胸をなでおろす)といった心境だった。本当の知り合いなどに、画像を送られるよりは、ここらへんの人なら、知り合いの可能性低いはずと天秤にかけ、思い切って、外に向かって、四つん這いのまま、歩き出した。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://adarutobg.dtiblog.com/tb.php/16-2c5a8fe8
この記事へのトラックバック
羞恥・露出・いじめの部屋 3,年下の少女にいじめられて・・・
2013/12/16(月) 06:23:27 | モンクレール アウトレット
VE 最近始めたブログ 、 情報は提供これでウェブサイト助けた私途方もなく 。あなたの時間とすべての作業のために| おかげであなたに感謝し 。
2013/11/19(火) 23:11:55 | シャネル 財布 楽天
ラブリー ブログ 。私はそれを愛しています.. は、再び戻ってくるになります。フィードも|私はブックマークを取っています
2013/11/11(月) 11:54:48 | ニューバランス 996
が、今私はこの愛に使わなぜ覚え|のため欠席してしばらくの間、 | {私がしました私が持っているのブログを|サイト|ウェブサイト|サイト} 。あなたは更新頻度を?
2013/11/09(土) 17:25:10 | ニューバランス 996
VE 最近始めたブログ 、 情報は提供これで助けた私途方もなく 。あなたの時間とすべての作業のために| おかげであなたに感謝し 。
2013/10/31(木) 16:58:49 | クロムハーツ メガネ
私はちょうどこの情報 しばらく 。連続Googleing 、数時間| 6 6の後ついに私はあなたにそれを持って 。私が疑問に思う何か Googleの戦略の欠如がそのありませんこのタイプランク有益 Webサイトリストのトップである。 通常 更新サイトゴミでいっぱいです。
2013/10/24(木) 13:52:47 | クロムハーツ ピアス
羞恥・露出・いじめの部屋 3,年下の少女にいじめられて・・・
2013/10/23(水) 10:49:29 | chrome hearts
羞恥・露出・いじめの部屋 3,年下の少女にいじめられて・・・
2013/10/19(土) 18:31:46 | グッチ アウトレット
copyright © 2005 Powered By DTI BLOG allrights reserved
close